2016年2月8日月曜日

ICTメディアリテラシー講座&パソコンで缶バッジづくり

ママレポーター瀬川です。

2月6日(土)、野々市市情報交流館カメリア
「ICTメディアリテラシー講座&パソコンで缶バッジづくり」に参加しました。
対象は小学3~6年生。


















前半は、講師の紺矢さんから、ICTメディア(情報通信技術)を上手に使いこなしながら、情報を読み解き判断する能力(リテラシー)について、子供にもわかりやすく講義してもらいました。

私たちの子供のころとは全く違う時代、こういった教育は必要ですね。
危険性についても、しっかりお話していただけました。


そしてパソコン実践。
今どき小学生のタイピングの速さにびっくり!

「野々市市の姉妹都市はどこ?」のお題に、インターネット検索も速い!
グーグルマップ使いこなしてる子も(゚Д゚)!





後半は、缶バッジづくり。
まず、好きな画像を検索して、プリントアウトしたものを見本にして、ペンでパッドにお絵かきします。

みんながジバニャンやリラックマなどを検索するなか、息子が選んだ画像は、




野球ボール。

プリントアウトするまでもないような…

複雑な絵は描くのが面倒くさいんだろうなと、息子の心が完全に読めてしまう、そのへん私とそっくりの性格。。。




パソコンで描いた絵をプリントアウトして丸く切り、缶バッジ製造マシン(名前わかりません)に入れると、とてもきれいな缶バッジの完成!








自分で作成したオリジナル缶バッジを手に、みんな嬉しそうでした♪

最後に紺矢さんから子供たちに、自分で判断して正しくICTメディアを使って欲しいと伝えられました。


私たち大人も、振り回されないように、危険に巻き込まれないように、そしてもっと便利に楽しく生活できるように!子供といっしょに勉強したいなと思いました。