2018年8月7日火曜日

★こどもミュージアム★レポート 8月2日 

夏休みの特別体験「こどもミュージアム」3日目!

まずは、「カメラ」体験。
生まれた時からデジタルカメラやタブレット端末が世の中にある現代の子ども達。
ほとんどの子が撮影経験をしたことがありました!

しかしながら、「考えて」撮影したことはありますか?

今回は、
自分の好きなもの(こと)を見つけて表現する、相手の良いところを見つける
ということを目標に体験が進みました!




小学校4・3年生を班長に5班に分かれて、果物を使って撮影の練習です。
はじめは直感で撮る、そして次は、「どうやったら美味しそうに見えるか?」を考えて撮ります。切ってもOK.皮を向いてもOK.  班長を中心に話し合いました。
「この汁あったらいいね」「美味しそうな匂いってどうやって撮る?」と会話が五感炸裂です。
「切った方がいい、切らない方がいい」と意見がぶつかる場面も。
果物だけでなく、かじっている様子を人物ありで撮影している班もありました!!面白い!!



それぞれの班の感性が、果物に負けないくらいのみずみずしさがありました♡
発表も緊張しながらも頑張りました!



果物で撮影練習が終わったら、ペアになって、お友達のことを知るためにインタビューをしました。
お友達の良いところを見つけて、プロの機材を使って一生懸命に撮影していましたよ。
撮影される子もモデル気分ですね〜

何も考えずにパシャパシャとスマホで撮影してしまう昨今、「なぜ写真を撮るのか」「何を表現したいのか」を考えてシャッターを押すことで、また新たな発見がありそうですね!


次は、「アート」コラージュ制作。



カメラ体験でプロの機材で撮影してもらった写真をすぐにプリントアウトしました!

おうちからお気に入りのチラシや雑誌を持って来てもらったのですが、「それを選んでいる時から、このアート体験は始まっている」と、講師より。

自分の世界をコラージュで表現、空想を広げて創ります。
もらった自分の写真を使っても、使わなくてもOK.


コラージュとして表現されていく、1人ひとりの自分の世界は、本当にさまざまで凄い面白い!!!!
「これってどういう世界なの?」と聞くと、それぞれ、熱く語ってくれるんです♡
最後には、どんな世界をつくったのか、みんなに見せ合いっこしましたよ。

自由に発想していい、自由に想像して創造してよい、というのは、人間として一番楽しい瞬間なんですよね。そんなことを感じました!
頭が、かった〜くなっているなぁ私・・・と、子ども達のクリエイティブさを目の当たりにすると痛感します。

3日目も、子ども達からの元気や刺激をたくさんもらい、癒されました〜ありがとう。

4日目レポートに続く