2019年5月1日水曜日

令和・夏休みの新企画"こどものまち"

令和の新時代が到来し、準備が整いましたので発表です♡

去年の春休みからスタートした"こどもミュージアム"は、
計4回開催され、延べ220名の小学生を受け入れてきました。

私たちができる範囲で、少しずつ規模を大きくしてきましたが、
それでもまだキャンセル待ちの子ども達がたくさんいるのが現状です。

「やってみたい!参加したい!」と思ってくれる子ども達全員に機会を与えたい。

そこで、今年の夏休みは、今まで通りの"こどもミュージアム"は4日間の
開催はもちろんのこと、さらに、
子どもが主体となって運営する"こどものまち"をつくることが決定しました。
"こどものまち"は、100名まで参加可能です!

私たちは、子育て世帯向けに消費者教育推進情報誌ChoCoを企画・編集しています。
疑似通貨を使った消費者教育をこども向けにも体験型イベントとして実施することで、
相乗効果を野々市市から期待されております。

がんばります!!

その名は、BomBomTown(ボンボンタウン)

こどもがつくる、こどものまち。
BomBomTown内では、疑似通貨BOMQ(ボンク)が流通します。
お買い物できたり(消費者体験)、
お仕事が体験できたり(職業体験)、
お店を出せたり(起業体験)。
税金も納めます。
まちをつくるリーダーは"キャプテン"と呼ばれ、
キャプテンを選出する選挙がありますよ!(市民体験)

さらなる詳細(具体的内容や入場料など)は、後日お知らせします。

8月27日・28日日間は、必ずあけておいてくださいね〜
カミーノ 公民館を全部貸し切っての開催です。
対象は、野々市市内の小学1年生〜小学6年生(100名)です。

こどもたちの「やってみたい!」を開放したい。
溢れ出てくる好奇心を思いっきり爆発できる場をつくりたい。
「できた!」を繰り返すことで自信がつく。
「役に立った!」と与えることの喜びを知る。

そんな場を、地域のみなさまでつくっていきたいです。


そこで!
こどもが主体となってつくるまちですので、
BomBomTownをどんな風につくっていくのか一緒に考えるために
こどものまち本番前に、「こども会議」を2回開催します。


#1「まちって何?」「どんなまちをつくりたい?」
まちづくりの部
6月22日10:00〜12:00 @カミーノ 視聴覚室
対象:小学3年生〜6年生(20名) 


こどもミュージアムKID'sラボでお世話になっている
仁志出先生と岡田先生が、また野々市市に来てくれますよ〜
KID'sラボとは
(※スマホ閲覧の方/講師紹介閲覧は画像をクリックお願いしますm(_ _)m)

なんと「こども会議」は、参加無料です!!
保護者の見学もOKです。

予約開始は5月10日10:00です。
先着順となりますことご了承ください。

予約は、いつもの、こちらからです▼
https://curu-curu.com/items/5cc9a6aea89452688c3d9944


#2 「どんな仕事をしよう?」「誰のために何をつくる?どのように販売する?」
お店づくりの部
8月7日13:00〜16:00 @カミーノ 交流ホール
対象:小学3年生〜6年生(20名) 参加費無料

詳細は後日お知らせします。


こども会議に参加した子ども達はボンボンタウン準備リーダーとして認定され、
リーダーシップを発揮してもらおうと考えております♡

ーーーーー
問い合わせがありました。回答を共有します。

Q:ボンボンタウンに参加したいのですが、2日間の参加が必須でしょうか?
A:
2日間での入場料設定になっております。(こどもミュージアム1日分より安くする予定です)
こども達が「次、これやってみよう」「次は、こうしたいな」など挑戦と失敗を繰り返す場です。
主体的に考えて行動し、改善し、達成するそのプロセスは2日間参加された方が深い学びとなると思いますので
2日間の参加をおすすめしますが、ご家庭の都合もあるかと思いますので1日のみの参加も可能です。