ののいち元気家族 三か条


野 々 市 市      家 庭 教 育 指 針  
の の い ち 元 気 家 族 三 か 条


一、早ね 早おき 家族いっしょの 朝ごはん
一、手つだい 読書 家族のやくそく
一、ほめる しかる 家族のきずな








ののいち元気家族3か条♪






一、早ね 早おき 家族いっしょの 朝ごはん

基本的生活習慣を身につけ、豊かな人間性の基礎を育みましょう



日々成長するこどもたちにとって十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事は心と身体をつくる上でとても大切です。夜ふかしはホルモンの分泌が抑制されるだけでなく、生活リズムの乱れを引き起こします。健やかな心と身体のため、子どもの基本的生活習慣を整える環境づくりを心がけましょう。







一、手つだい 読書 家族のやくそく

子どもの社会性・規範意識を身につけ、自立心を育みましょう


お手伝いは、達成することの喜び、役割をつとめる責任感を身につけます。読書はいろいろな知識と知恵、想像力を育みます。子どもが小さいうちは、読み聞かせが親子のふれあいにもなります。また、親が自らが手本となって、社会のルールや家庭で決めたルールを守り、子どもの道徳心を育みましょう。社会の原点である家庭の中で子どもに社会性を身につけさせ、自立心のあるたくましい子どもを育てましょう。







一、ほめる しかる 家族のきずな

親子のふれあいを通して子どもの自己肯定感を育みましょう


子どもの成長において大切なのは、自分に対する自信と自分を大切にする心です。「ほめる」ことで子どもは自信と自分を大切にする力を育みます。また、「しかる」時は、正しいことを「教える」絶好の機会です。「ほめる」と「しかる」をきちんと行いましょう。成長につれ、様々な悩みにぶつかった時に、家族のやさしさや思いやりといった心の繋がり「きずな」を感じることで、それが励ましや支えになり子どもは自ら勇気をもって問題を解決していくことでしょう。